安全・安心

お客様に、安全でおいしく、高品質な商品をお届けするために

ニッポンハムグループ品質方針

ニッポンハムグループは、すべての事業活動において「OPEN品質」〜開かれた食品づくり〜を推進し、お客様の期待と信頼に応えます。

安全検査

使用する原材料や製造する商品などについて、検査を行い安全性を確認しています。

日々変化する社会情勢や市場がもとめる食品の安全性に関する検査項目について積極的に取り入れ、検査体制を構築し、お客様が安心できる商品をお届けします。

微生物検査食物アレルゲン検査放射性物質検査など

栄養成分検査ISO17025認定取得

栄養成分7項目についてISO17025の認定を取得し、国際的にも信頼できるデータを提供できる試験所として認められました。

なお、社外のお客様の商品につきましては、栄養成分を初めとした各種試験を行っています。

安全審査

原材料の安全性の審査、表示、規格の法令への適合審査を行い、商品の表示、商品カルテを通してお客様に安全な商品をお届けしています。

品質監査

ニッポンハムグループ品質保証部門による「品質監査」を通じて改善を繰り返し、製造環境を継続的に向上させています。品質事故の未然防止につなげ、お客様に確かな品質の商品をお届けします。

■時代の要請に対応した監査項目

  • 食品安全マネジメント
  • 内部監査、改善確認
  • トレーサビリティー
  • フードディフェンス
  • 施設設備の要件、衛生管理
  • 開発設計、製品化
  • お客様からの声、ご指摘の状況など

クロージングミーティング


外周確認

お客様との対話

  • 商品の改善
  • 商品開発
  • 品質向上活動
  • お客様満足向上のためのスキルアップ

■お客様の声を聴く

従業員がお客様の声を聴き、お客様の気持ちを理解し、共有する。

■商品・サービスに活かす

お客様の声を活かした商品開発や商品の改善につなげる。

南日本ハムグループ外部認証取得状況

平成27年3月末現在

HACCP
Hazard Analysis and Critical Control Point

危害分析重要管理点方式。食品製造段階で起こる衛生上の危害を防止するために最終製品だけでなく、生産工程全般を管理するものです。

  • 南日本ハム(株)製造部 製造工場
  • 南日本ハム(株)製造部 特需工場

SQF
Safe Quality Food

安全を確保するHACCPの手法と品質管理システムのISO9001の要素を組み合わせた国際規格です。

  • 南日本ハム(株)食肉部
  • 宮崎ビーフセンター(株)

ISO9001
International Organization for Standardization

ISOが1987年に制定した「品質管理」に関する国際規格。品質の良い製品やサービスの提供によってお客様にご満足いただくことを目的としています。

  • 南日本ハム(株)惣菜部
  • 南日本ハム(株)製造部 製造工場
  • 南日本ハム(株)製造部 特需工場
  • 日向農産加工(株) DF工場

ISO/IEC 17025
International Organization for Standardization
International Electrotechnical Commission

ISOが1999年に制定した試験所認定登録の基準として用いられる国際規格です。

  • 南日本ハム(株)品質保証室 商品検査課

ISO22000
International Organization for Standardization

ISOが2005年に制定した「食品安全」に関する国際規格。安全な食品を生産・流通・販売することを目的としています。

  • 南日本ハム(株) 食材部

ISO14001
International Organization for Standardization

ISOが1996年に制定した「環境」に関する国際規格。企業の組織活動が環境に及ぼす影響を最小限に抑えることを目的としています。

  • 南日本ハム(株) 本社工場
  • 日向農産加工(株)